何故ゴミ屋敷が出来てしまうのか?

何故ゴミ屋敷が出来てしまうのか?ゴミ屋敷 原因

 

綺麗なはずのお部屋やご自宅が、ある時見てみると、いつの間にかゴミ屋敷状態に。。そんな風なゴミ屋敷を経験の方は実は多くいらっしゃいます。そのゴミ屋敷化してしまう傾向と特徴について触れていきたいと思います。

実はゴミ屋敷になってしまう心理やゴミ屋敷を片付けたり清掃したりする方法も存在します。

一般的にゴミ屋敷の住人は男性が多いイメージではないでしょうか?でも実は男性よりも女性の方がゴミ屋敷の住人は多いことが実情です。男性のほうが整理整頓が苦手で、面倒くさがりの人が多いので。

ゴミ屋敷の住人は実は女性の方が多い理由

  • 男性よりも女性の方が物に対する執着心が強い
  • 男性よりも女性の方が 買い物依存症の人が多い
  • 男性よりも女性の方が日常や頭の中が忙しい人が多い

ゴミ屋敷の原因になってしまう3つの心理

・孤独感を抱えてしまい物や荷物を収集してしまいゴミ屋敷化

これまでのゴミ屋敷の住人の傾向を整理すると、お部屋や住まいをゴミ屋敷状態にしてしまう人の多くは、日常生活で強い孤独感や疎外感を抱かれているため、その穴埋め的な心理で物を買い荷物を溜めておくことで安心感を抱いている方が非常に多いです。

・手放すことに強い抵抗を抱き、安心感が減っていってしまうという心理

ゴミ部屋やゴミ屋敷の住人の方は、どんな物でも捨てることに対して「もったいない」と強く感じる傾向にある方が非常に多く存在します。

  • 「もしかしたら」「いざという時に」今後必要になるかもしれない。ものやゴミは残しておいたら何かと便利かもしれない。

その結果、押入れや収納の中が物やゴミで一杯になり、やがて床にも散乱しはじめ、部屋中や廊下などに荷物やゴミが増えていき、ゴミ屋敷となっていきます。 また、買い物においても必要な物を買い物するのではなく、物を買い物する(集める)という行為が安心感や発散を与え、フラストレーション解消になるので、気がつくと自宅は使わない買った物で溢れかえることになります。ゴミ屋敷になってしまい一因です。

ゴミ屋敷 対策