ゴミ屋敷は自分で片付けることが出来るのか?

ゴミ屋敷は自分で片付けることが出来るのか?ゴミ屋敷 対策

さて、これまでゴミ屋敷問題について発信してきました。それではゴミ屋敷状態の部屋やゴミ屋敷化した住宅は片付けや清掃を自分の力で出来るのか?

そもそも自分でゴミ屋敷を片付けられるのであれば、既に片付けて清掃していることでしょう。しかし現状自分の状態だったり部屋の状態では片付けることが出来ないのではないでしょうか。結論から言えば便利屋などのゴミ屋敷片付け業者にゴミ屋敷の片付けや清掃を行ってもらうことがゴミ屋敷問題の解決の近道です。

ただ、自分でもゴミ屋敷業者に片付けや清掃をしてもらう前にできることは沢山あります。ゴミ屋敷片付け業者がスムーズに片付け作業を行うことが出来、片付けや清掃作業の時間を短縮することが出来れば、片付けや清掃作業の費用を抑えることは可能です。

今回はゴミ屋敷片付け業者に作業をスムーズに行っていただくためのポイントをご紹介いたします。

①ゴミ袋やダンボールを準備する

ゴミ屋敷状態のそもそもの原因は当たり前のようですがゴミが集まってることにあります。これらを片付けていくことから始まります。
まずは、ビニールに包まれたインスタントラーメンやペットボトルなどの容器や、お菓子の包み紙、不用な雑誌や紙ものなど、明らかにゴミとわかるものを捨てるためのゴミ袋やダンボールを用意しましょう。

またゴミを片付けながら
・燃えるゴミ
・燃えないゴミ
・ペットボトルやビン、缶
などのゴミが分別出来ていると良いでしょう。ゴミの分別も厳しいようでしたら、そこはゴミ屋敷片付け業者にお願いすることになります。

②ゴミ以外に必要で残すものを分けておく

ゴミ屋敷状態の部屋を片付けたり清掃をお願いするにしても、ゴミ屋敷片付け業者はどれがゴミでどれを残しておくのかはわからないですね。片付け後にトラブルにならないよう必要なものはあらかじめ分けておきます。

例えば、銀行の預金通帳や印鑑、銀行のカードや運転免許証やパスポートなどは最重要品になります。
また、生活における冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機といった家電やまだ使える生活用品なども分別しておきましょう。

③足の踏み場を作っておく

これは非常に大切です。足の踏み場もないほどのゴミ屋敷状態となると大切なものでまで踏んで破損してしまったり、ゴミが溢れてしまい更なる異臭の原因になります。
こうしていく中で小さな達成感が自分が想像している以上に「片付けたい気持ち」を実感させてくれます。いわゆるゴミ屋敷対策におけるモチベーションを少しずつ作っておくことも大切です。

ゴミ屋敷の片付けの第一歩は「足元を綺麗にする」ことです。

④売れるものはネットやリサイクルショップで売ろう

たとえ不用なものでも、まだ使えたり、自分は使わないものだったり様々にあります。そんな時は少しでもお金に変えられるようにリサイクルショップに買い取ってもらったり、オークションに出したり。最近だとメルカリなどで買いとってもらえることも多くありますし、思わぬ高額で売れるかもしれません。

リサイクルショップで買い取ってもらえなくても、オークションやメルカリであれば売れる可能性があります。ひと昔前とは違い、今は自分が不用と思ってる商品が売れてしまう時代でもあります。なので、出来る限りゴミ屋敷状態の部屋を片付ける前に自分でゴミなどの分別はしておいた方がベストです。

ゴミ屋敷 対策